Salt Lemon Record

科学でもっと楽しく生きる!旧帝大エンジニアの仕事と育児の記録

誰かに話を聞いて欲しいなら

武井壮さんの動画を昨日観ていてなるほどな、と思ったので本日のブログに書かせていただきます。

 

▼人に話を聞いて欲しいなら

こんなことをして欲しい。

こんなことをやってほしい。

人は一人で生きていくのはほぼ不可能で誰かに助けてもらっています。しかし、なかなか仕事に夢中になるとそういうことを忘れてしまうことがあります。

自分が頑張っているのになんでやってくれないんだ。そういった時に顔はどんどん仏頂面ならなっていきます。

そうなってくると、他の人を寄せ付けないオーラを放ち、どんどん人が遠のいていきます。

武井壮さん自身、こう言うことがあったそうです。

でもふと思い直したのが、何故人が自分の話を聞いて動いてくれないのか?何故自分に興味をもってくれないのかを考えたときに、自分が他人に興味がないから、自分が他人を笑わせる努力をしないからだと気づいたそうです。

 

▼自分の話ばかりしない

自分の話ばかりしないというのは、本当に大事なことです。他人を気遣ってあげて初めて人は自分の話を聞いてくれます。

 

今の僕が正にそうかもしれません。

全然やってくれない。

使えない。

仕事が遅い。

 

先輩に対しても後輩に対しても少なからずそういう思いを、持ってしまっていますし、周りからもちょいちょいそう言う声を聞くので、思いが増幅してしまっています。

塩れもんさん、仕事しすぎ!てか他の人たちって何してるの?

周りからの声が抑えていた自分の心の声を呼び起こします。

 

そのせいでチームメンバーをかなり攻めてしまうこともまあまあ。

そうするとどんどん僕の話をメンバーは聞かなくなっていきます。

 

娘が今トイレトレーニング中ですが、大事なことはトイレで叱らないことだそうです。

それはトイレが怖い場所だと思ってしまうから。

仕事も一緒かもしれません。

嫌な思いをする仕事は億劫になります。

楽しいとき、調子がいいときはどんどんこなせます。

子供の教育から仕事のやり方を見直すというのもかなり応用できることがありそうです。

 

本日も、お目汚し失礼しました。

 

 

 

スポンサーリンク