Salt Lemon Record

科学でもっと楽しく生きる!旧帝大エンジニアの仕事と育児の記録

この一年で変わったこと。思い出した大学生の頃。

お題「#この1年の変化

 

この一年間で世界のあり方がものすごく変わって、そこから大なり小なり影響を受けました。

 

分かりやすい影響の例で言うと収入。

僕の収入は、コロナちゃんのお陰で残業ゼロ時間規制が入ったので、分かりやすいくらい激減しました。

ただし、その代わりと言ってはなんですが、早く帰ることができるようになりましたので、家族と夕飯を食べて過ごすことが、当たり前のことになりました。

これはライフオブクオリティ的にはアップです。

娘と遊んだり、絵本を読んであげたり、夜寝る前の時間を、家族と過ごす時間として使えるようになったのは大きな変化でした。

収入が減ったとはいえ、贅沢しなければ充分暮らすことができるので、外食やら何やらが出来ない今、収入減は大きな問題ではありません。

 

ただし、その一方で問題なのは、仕事は減っていない。このコロナ禍でありがたいっちゃありがたいですが、減るどころか、個人的には増えておりまして、仕事を納期までに終わらせる為に、家族が寝てから机に向かう生活、または家族が起きる前に机に向かう生活を、コツコツ続けております。

 

残業代が出ないのに仕事なんて、法律違反だろ!という声も聞こえてきそうですが、個人的には大変ながらも、面白さみたいなものは感じているので、めちゃくちゃ苦しいという感じではないです。

#社畜やん

特に次の仕事に生かすための勉強は、趣味か仕事か分類が難しいものですから。

#一番自由がない

 

こんなこというと、もう毒されていると非難を浴びそうですが、仕事は、仕事ができるように成長するための唯一の栄養素なんじゃないかな、と最近は思っていて、努力して仕事をこなせばこなすほど成長できるなあと思っています。

 

つまり、仕事ができるようになるには、仕事をして経験値を身につけないといけない。

これは結構真実だと思っていて、できる限り貪欲になんでも食べようと思っています。

#もうお腹一杯な時もあるけどね

 

先程も書きましたが、残業規制が入り、自由な時間が増えました。残業代が出ないから仕事はしません、というのは当たり前の主張です。

それはもちろん通る話ですが、この自由な時間を何に使うかで、どんどん差が出てくることも真実だなと思っています。

 

趣味の時間に使えば、趣味は充実するし、将来に備えて勉強していれば、この期間にめちゃくちゃ実力がつくと思います。

 

そういう岐路にいると思います。

 

当たり前ですが、自由な時間に何をするかで人間の成長スピードは変わってきます。

僕はとことん仕事をしています。

なので、この一年は特に勤務時間しか働かない人との差が圧倒的に広がった、もしくは、差を詰めることができたかなあと思っています。

そう言うこともあって、より一層仕事が僕の元に集まるようになりました。

 

経験値が高い人間に仕事は集まります。

経験年数ではなく、経験値です。

 

またこの一年は、仕事について改めて考え直すよい機会でした。会社で残業規制が始まり、スパッと月10万くらいあった残業代がゼロになる。

ああ、僕は会社が残業代出さないよ、って言ったらそれに従って、文句はぶつくさいいながら、細々と生きる人生でしかないのだなあ、と痛感しました。

 

実は、似たようなことを就活のときにも思ったんです。

僕は理解で大学院まで進学しているんですが、学部生のときは理系の勉強が好きじゃなくて、

早く社会人になりたかった。

特に、広告代理店とか派手なところに受かって人生はいつもお祭り騒ぎみたいな感じで生きてみたかったのです。

しかしながら、大学3年生の就活は大失敗。

自分の履歴書がちゃちくて泣けてきました。

ああ、僕は何もしてこなかったんだな。

 

大学院はある意味、就活浪人のつもりで進学しました。

就活時期から逆算して、履歴書を華々しくするための活動を必死でやり始めました。

あと胡散臭い活動なんてしない!

地に足がついたことをやる。

だから学会に積極的に参加しました。

もちろん学会に出してもらう為に、毎日毎日研究の日々。言われも、頼まれもせずに、一人で与えられた研究テーマを拡張させて取り組んでいました。

ほぼ教授の言いなりにはなりませんでした。

 

ちょっと前までは、理系オタクとバカにしていた友達と一緒に遊ぶようになり、勉強を教えてもらうようになりました。

 

そんなこんなで修士のうちに資金を得て、海外で研究できたり、色んな経験をして今の仕事をしています。

なので大学を修了したときは、やり切った感があり、成長したと思っていたのですが、結局、今もまだ履歴書がすっからかんの、あの時の就活生だった頃からあんまり変わっていない。

 

ああ、一人じゃ稼ぐ力もありやしない。

 

これは結構こたえました。

 

副業でもやろうかな〜、と思いきや、ウーバーイーツくらいしかできそうにない。

もっというと、チャリは幼児用のママチャリしかないので、電動自転車とはいえ、Uber eatsっぽくない。

 

短期副業のための専門スキルもないので、仕事なんかありゃしない。

プログラミングを何故もっとやらなかったのか、壁に頭を打ち付ける思いです。

そんなこんなで、なんだかんだして、色々と学びたい意欲が出始めて、西野亮廣さんのオンラインサロンが面白そうだったので入会したりしてるうちに、自分でもブログとか書いてみたいなあ、と思い始めました。

 

この時点では半分お金、半分趣味です。

 

面白い記事書いて、お金になったらいいなあ。

二ヶ月目くらいでGoogleアドセンスも受かったので、読者数がつかないこと以外は、そこそこ順調でした。笑

 

最初はお金目的だったのですが、今はどちらかと言うと、書くこと自体が面白くて書いています。

 

今は下手な文章ですが、一年位書き続けたら上手くならないかなーと、また今は知識が乏しくあんまり深い内容は書けないですが、アウトプットし続けることで、インプットをより強く意識し始めるので、一年位経ったら、もうちょい面白い記事が書けるのではないかと思っております。

自分の成長を楽しむという、本当に趣味の領域です。

 

毎回、お目汚しで申し訳ないですが、お付き合いいただけると嬉しいです。

スポンサーリンク